スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

マジ日記

↓本気日記です。
マジで本音を書きこんでるのでご注意を。

白黒反転


今日祖父が癌だと宣告された。
不思議と悲しくない。
なんだか漠然とだけど、大丈夫な気がしたんだ。

小さいころから祖父の仕事ばかり見てきた。
職人として、彫刻家として祖父は工房で黙々と仕事をしてて
学校から帰ったときも、休みの日も
工房に行くと必ず祖父がそこにいた。
決まった場所で、決まったように工具を動かして
ひとつの作品を作り上げる。
私はそのとき何を作ってるなんて分かりもしなかったし、
知ろうとさえもしなかったし、
祖父がどんなにすごい人だったかなんて考えもしなかった。
ただその作業をみつめながら
「お菓子食べたい」とか「おもちゃほしい」「お小遣いちょうだい」とか、
呆れるほど自分のことばっかりで。
でもそれを見守ってくれてる祖父がやさしかった。
頭をなでてくれる大きな手があたたかかった。。
工房で働くお弟子さんたちもみんな大好きで。
ルーターの音が、機械の音が、それに紛れて聞こえてくるラジオの音が、大好きだった。
祖父のいる工房が心地よかった。

祖父や父の跡を継いで
伝統工芸を引き継がなきゃいけない。
生まれてきたときからその現実は目の前にあった
自分なりに考えて飛び込んだ世界だったけど
3代目としての重圧や、プレッシャー、
社員をひっぱっていかないといけないっていう不安ばかりで
もがいて苦しんで泣いて、喚いて、
今の今まで本当のことを言うと逃げ出したかった。
他にもやりたいことはある。
自分の夢と何度も葛藤した。

でもね、

なんでだろう、

もう遅いかもしれないけど、

今ならやれそうな気がするんだ。

私には祖父の血が流れてる。

それだけが今示せる証拠。

絵を描くことや、物を作ること、生み出す楽しさは
全部、知らないうちに私に身についていた。
工房で遊んでるうちに自然と吸収したんだと思う。
知らず知らずのうちに祖父の後ろ姿から学んだんだと思う。

あのとき何気にみつめてた祖父のあたたかさを今さらながら感じた。

どこまでできるかなんて分からないし、
どこまで本気なのか自分でも分からないけど、

祖父には祖父の役目があったように
私には私にしかできない役目がある。


伝統工芸を残そうとした祖父の意思は

私が継ごうと思う。



ここでプライベートなこと書くの嫌だったけど、決意表明ってことで。。
どこかに吐かないとグダグダに潰れてしまいそうだったの。。

絵はこれからも描き続けますよ(笑)
オタも続けますのでご安心をwww

スポンサーサイト

web拍手
2010-04-16 : days : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
む。
吐く事も大事だと思うよ!
きっとおじーちゃんが一番喜ぶね~
今のうちに意思しっかり伝えてね・゚・(ノД`;)・゚・
2010-04-16 23:38 : ななみ URL : 編集
No title
(^◇^)b
2010-04-17 06:05 : あめふらし URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

神埼ユリ

Author:神埼ユリ
淡いヘタレなイラスト描いてます。
海賊と幕末が好き。

<LOVEな人たち>
OP→サンジ
PM→山崎ススム、トリオ
新撰組→山崎ススム、藤堂平助
土佐→中岡慎太郎、吉村虎太郎

コメント・リンクはお気軽にどうぞ
飛び跳ねて喜びます☆

twitter

ご自由にフォローどうぞ☆

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。